豊胸とは

様々な種類に進化する豊胸手術の基本知識

豊かな胸は、女性らしさの象徴といっても過言ではありません。
ところが非常にデリケートでプライバシーな身体器官である為に、 その形や大きさ、あるいは色の部分などで、多くの女性が悩んでいる事も事実です。
胸を大きくする豊胸手術に関して、基礎的な知識が周知徹底されていないのも、 その様な意識があるからでしょう。
まず、すでにご存じの方も多いとは思いますが、豊胸手術には保険は適用されません。
何故なら健康を害した疾病を回復する為に行う、 医療行為では無いからです。
個々人の主観である美的感覚の為に行う行為ですから、美容整形手術と同様の位置付けになります。
豊胸の為のアプローチとしては、 様々な方法が開発されています。
例えば、ヒアルロン酸を注入して一時的に胸を大きくする方法などは、比較的に手軽な為にメディアなどでも話題になり、 体験した事がある方も多いのではないでしょうか。
このアプローチはとにかくリスクが少なく、手軽な点が最大のメリットです。
ヒアルロン酸は人体にも存在する物質の為に、 人体に異物を挿入する事で生じるアレルギーリスクがほとんど発生しません。
通常は両脇の下から注入する為、傷痕も少なく、術後のダメージも少なくてすみます。
ただヒアルロン酸は、人体によって徐々に吸収されていく為に、半年から1、2年程度で再度の手術が必要になります。
半永久的な豊胸効果を望むのなら、 バッグプロテーゼと呼ばれるシリコンなどで作成された器具を挿入するバストアップ方法があります。
バッグプロテーゼを構成する素材や形状は様々で、 まさに理想の胸を実現する事ができます。
その反面として、ヒアルロン酸を注入する様な手軽さはなく、術後のしっかりとしたアフターケアは注意する必要があります。
そして近年、熱い注目を集めているのが、異物では無く、自分自身の脂肪組織を活用する豊胸手法です。
色々な方法がありますが、共通する事として、 自分の脂肪組織を採取して利用するのですから、肉体への親和性はこれ以上のものがありません。
脂肪組織を濃縮して注入したり、 幹細胞を取り出して脂肪と一緒に注入するアプローチが一般的です。
技術進化が著しい豊胸へのアプローチですが、自分の体の事ですので、術後のメンテナンスや相談、 アフターケアがしっかりとした施設を選択する様にして下さい。

豊胸の紹介

豊胸手術の方法

豊胸手術の方法

豊胸手術後の出産と授乳の体験談

豊胸の体験談1

姉が体験した豊胸手術について

豊胸の体験談2

本当に決心して豊胸手術をして良かったです

豊胸手術の体験談

脂肪注入法による豊胸手術の金額

豊胸手術の金額感

豊胸手術を受ける際の注意点

豊胸手術の後遺症